週末には少し将棋を。

ソフトで調べた手や、ネット将棋の記録など。

後手で中飛車から三間飛車に振り直した時に先手から中央を反発されたときの話

先手が「居飛車の税金」を払っていないケース。 01-▲5六同銀まで 税金滞納を咎めて角を出る手があったらしい。 02-△1五角まで ぱっと思いつく受けは金寄り。 03-▲4八金まで そこで飛車先を突き捨ててから中央にタダで銀を出る。 03-△5五銀まで 先に銀を…

先手ノーマル四間飛車▲4六歩型vs後手斜め棒銀のソフト研究Part4

▲9六角に△8九飛成と桂馬を取りながら逃げた局面。 01-△8九飛成まで ここで▲6六角と打たれて分からなくなってしまったが、 △5五歩と止めておけば良かった。 02-△5五歩まで 先手は馬を切って▲6一金と貼りつくのがソフト推奨手。 03-▲6一金まで △5二金…

先手ノーマル四間飛車▲4六歩型vs後手斜め棒銀のソフト研究Part3

端に角を打たれて送りの手筋の銀の打ちこみをされた局面。 01-▲2二銀まで △7四歩と止めるのが正解だったらしい。 02-△7四歩まで 桂馬を取られて王手金取りをかけられる。 03-▲3三桂まで 金を取られたタイミングで馬を切る。 04-△5八馬まで 同金なら金銀…

先手中飛車vs後手棒銀の一局面にて

中飛車に対して棒銀をしてくる人は少ないので、あまり対策とか考えていなくて、 いざやられると困る。 01-△9二飛まで 銀香の交換の後に飛車を寄って端の突破を狙われた局面。 ここで▲8三銀と打ったのは、あまり良くなかったらしい。 ソフト推奨は▲6六角。…

決めるべきときに決めることができない。Part35

美濃を崩した後処理に手間取った。 01-▲3九銀まで 持ち駒が豊富なのでイロイロあったようだが端に角を捨てるのが最短だったらしい。 02-△1七角まで もし▲同香なら△3六桂とコビンから攻める。 03-△3六桂まで 逃げると金打ちから簡単な詰み。▲同歩に銀も捨…

先手ノーマル四間飛車▲4六歩型vs後手斜め棒銀のソフト研究Part2

先手が飛車を下ろして来たのに対してがっちりと銀を打って受けた局面。 01-△5一銀打まで 先手は一旦香車を取って攻め駒を補充。後手も飛車を下ろす。 02-△6九飛まで 取った香車を▲7七香と打って来る。後手は馬を切る。 03-▲5八同金まで 一旦、歩を打って…

決めるべきときに決めることができない。Part34

対ノーマル四間飛車の終盤でチャンスを逃した。01-▲3二銀まで △3九角と打ってしまったが、正解は銀だったらしい。 02-△3九銀まで この銀を取らずに端に寄るのは香車で吊り上げて 角打ちから詰む。 03-△2八角まで またこの銀を▲同金と取るのは△同飛成以下…

寄せの手が見えないPart2

中飛車vs棒銀の終盤戦。 01-△6一同金まで 何かある予感はしたが、具体的に手を思いつくことが出来なかった。 ▲3二馬と切るのが正解だったらしい。 02-▲3二馬まで △同金の一手に▲4三銀と被せる。 03-▲4三銀まで これは次に▲4二銀打からの詰めろ。 04-▲…

攻め合いの一手が見えない

先に龍を作られて銀を打たれた局面。 01-△6七銀まで ▲同金と取ってしまったが、ここで▲5二銀と攻め合うのが 正解だったらしい。 02-▲5二銀まで 飛車を取られたら▲4一銀打と王手をかける。 03-▲4一銀まで 4三の金を取ってさらに追撃し、 04-▲3二金まで…

一手詰めも見えない

一手詰めも見えない。 01-▲6七玉まで 相手に持ち駒がないので△8七飛成で詰んでいた。 実はここに至るまでに決めるべきときが何度もあった。 02-▲3三桂打まで ここで△2八飛と打てば勝ちだった。 03-△2八飛まで 持ち駒が歩しかないので金を上がるしかない…

寄せの手が見えない

馬を二枚作って有利なはずだが寄せの手が見えなかった。 01-△4二玉まで 正解は▲4六桂だったらしい。 02-▲4六桂まで これは次に▲3四桂と跳ねての詰めろ。 もし△3三金と打って守れば、▲5四歩で良かったらしい。 03-▲5四歩まで △6二銀と引けば、▲同金か…

先手四間飛車穴熊vs後手居飛車斜め棒銀急戦の一つの変化

穴熊は級位者には難しいという話はよく聞くので やらないようにしているし、 相手もほぼ級位者が多いからか、されることは珍しい・・・と 思っていたら、今日、遭遇した。 01-▲4六角まで 良く分からなくなって△7七歩成としたが、正解は△9九角成だった ら…

決めるべきときに決めることができない。Part33

自玉の穴熊への攻めがひと段落した局面、相手玉に詰みがあった。 01-△2九龍まで 正解は普通の手で▲8二角打。 02-▲8二角打まで △6二玉しかないが、▲5三歩成から清算する。 03-△5三同玉まで 守りの金が無くなったところで二枚の角の利きが生きて、▲6四…

後手三間飛車vs先手中飛車左玉で後手が飛車先を交換して来たとき

後手三間飛車が飛車先を交換して来たとき。 01-△3四飛まで 飛車をぶつける。 02-▲3八飛まで 交換には▲3八同金と取る。 03-▲3八同金まで △4九飛の打ち込みには底歩で受ける。 04-▲3九歩まで ▲5八飛と打って次に金を寄れば飛車を捕獲できる。 05-▲5八…

先手三間飛車vs後手袖飛車の序盤にて

単純に角頭を目指して攻めた局面。 01-△7五歩まで ▲7五同歩△同銀に▲6五歩と角道を開けてきた。 02-▲6五歩まで 角交換して△8八角。これに対して▲5五角は悪手だったが咎め方が分からなかった。 03-▲5五角まで 正解は△7六歩と押さえる手。 04-△7六歩ま…

先手ノーマル四間飛車▲9八香型vs後手斜め棒銀急戦をソフトで調べるPart5

歩頭の桂の筋で攻めて来られたケース。 01-▲2四桂まで △2四同歩は▲2三角が厳しい。 取らずに▲4二玉と躱すのが最善。 02-△4二玉まで 以下、▲2二角には桂馬を取って、▲1一角成に△3三桂と逃げる。 03-△3三桂まで ▲2二角に代えて▲7五角と王手をかけて…

先手ノーマル四間飛車▲9八香型vs後手斜め棒銀急戦をソフトで調べるPart4

本日の反省。 01-▲4六桂まで ▲4六桂に対して△4二桂と受けたが、ここは手抜いて△1五桂と攻める ところだったらしい。 02-△1五桂まで 対して▲5四桂ならこれも手抜いて△2四香。 03-△2四香まで さらに▲6二桂成と銀を取られても手抜いて△2七香成。 04-△…

決めるべきときに決めることができない。Part32

7手詰めを読めずに時間切れで負けた。 01-△5二玉まで 正解は▲4一銀だった。 02-▲4一銀まで △同玉ならさらに銀を打って5三に成り返って詰む。 02-▲4二銀まで △6二玉は▲7三銀。 02-▲7三銀まで △5一玉には▲7三馬と入って、合い駒させて銀を打つ。 04-…

先手中飛車▲5六銀型に対して後手が二枚銀で攻めて来たとき

中飛車側も銀を二枚並べる事が出来たら理想だが、 銀を繰り出すスピードが間に合わない場合の話。 桂跳ねに角を引いたところで居飛車が飛車先を交換して来た局面。 01-△8六同飛まで ここで▲8七歩と打ったのは失策で、横歩を払われて苦しくなった。 正解は▲…

後手ゴキゲン中飛車vs先手の縦歩取り

多分、こういう手を指されたのは初めてだと思うのだけど、 ゴキゲン中飛車に対して縦歩取りで来られた。 01-▲3六飛まで 対応が良く分からなかったが、後で調べたところでは△4四角がソフト最善だったらしい。 02-△4四角まで ▲3四飛と歩を取れば、△4五銀…

寄せる手が分からないPart4

△5八飛成と迫られた局面。 01-△5八飛成まで ▲3三角からひょとして詰んだりしないかと思ったが、全然ダメだった。 正解は▲4一角だったらしい。 02-▲4一角まで 対して△6七龍のような手だと、▲3四馬と引きつけて勝ちらしい。 03-▲3四馬まで △3二金には…

先手ノーマル四間飛車▲9八香型vs後手斜め棒銀急戦をソフトで調べるPart3

先手が飛車を切って▲2二角と打ち込んだのに対して △1五香と走り、▲同香となった後の変化。 01-▲1五同香まで まずは△8九龍と桂馬を補充する。 対して▲1九角成なら△1六桂と王手。 02-△1六桂まで これに▲1八玉や▲1七玉なら△4九龍と切って△1九飛。 03…

決めるべきときに決めることができない。Part31

最終的には相手の時間切れに持ち込んだが、 途中で何度も詰みを逃していた。 その最初の局面。 01-▲8六玉まで 自玉も危なかったので△5四龍と馬を取ったが、実は△9五銀と捨てる手から 相手が詰んでいた。 02-△9四銀まで ▲同玉は△9四銀~△7三銀で詰み。 …

先手ノーマル四間飛車vs後手斜め棒銀急戦で▲5六銀と出てきたPart3

前回同様に△7五歩の仕掛けに▲6五歩と反発された局面。 01-▲6五歩まで 過去の教訓から角交換して△5三銀としたが、▲6六角と打って来た。 こちらは△4四角と打ち返して居飛車が有利だったが。 02-△4四角まで ▲4四角と交換してきた手に△同銀と応じたのは…

先手ノーマル四間飛車vs後手斜め棒銀急戦で▲5六銀と出てきたPart2

△7五歩の仕掛けに▲6五歩と反発された局面。 01-▲6五歩まで ここで△5五銀と出るのが良い手に見えてしまったが、悪手だったらしい。 正解は角交換してじっと△5三銀と引く手。 02-△5三銀まで 先手は飛車のコビンを狙ってくるが、浮いて躱す。 03-△8四飛…

居飛車の一直線穴熊に対して後手が中飛車から石田流に組み換えて攻めたら飛車を端に退避されたとき

既にちょっと負けなのだろうか。 01-▲4五歩まで △2六角と出たのは悪手で、飛車角交換の後に▲2三角の傷があった。 ソフト最善はじっと△2二角。 02-△2二角まで しかしこの後に▲1七桂と跳ねられて、居飛車有利の模様。 そもそもこの形に至るまでに、△4四…

先手ノーマル四間飛車▲7八銀型vs中央位取りの中盤にて

先手ノーマル四間飛車▲7八銀型vs中央位取りの中盤にて、 先手が飛車先を交換して引いた局面。 01-▲6八飛まで あまり考えずに△6五歩と蓋をしたが、△7五歩と角頭を攻めるのが 正解だったらしい。 02-△7五歩まで ▲同歩なら△7六歩と叩いて角を引かせてから…

先手中飛車に対しての△2四角の射線を飛車を1つ浮いて躱す

先手中飛車から6筋に振り直して抑え込んだ局面。 01-△5二銀まで 攻める事を考えて▲7五歩と指したが、△4五歩で負けてしまった。 ここは▲6七飛と浮いておくべきだったらしい。 02-▲6七飛まで

後手のゴキゲン中飛車に対して▲4六銀▲6六銀の二枚銀から玉側の銀が端に転じて端攻めして来た時

後手のゴキゲン中飛車に対して▲4六銀▲6六銀の二枚銀から玉側の銀が端に転じて端攻めして来た時、対応が分からなかった。 01-▲9五同銀まで △同香と取るのも悪手ではなさそうだが、ソフト最善は△7四歩らしい。 02-△7四歩まで ▲9六銀と突進して来たら、そ…

中飛車から三間飛車に振り直して桂頭を攻めた時のもうひと押し

桂頭を攻めて後手が金を上がって受けた局面。 01-△5三金まで ▲6五銀と出れば良かった。 02-▲6五銀まで △同桂は▲7二飛成が王手飛車。なので△同銀だが▲7三飛成が金に当たる。 03-▲7三飛成まで ▲6四歩~▲7七桂と攻めて行ける。 04-▲7七桂まで